【最新版】カジノがある国一覧を発表!

海外のカジノ

カジノと聞いて、どのような国を思い浮かべますか?

日本では合法化されていないカジノですが、世界ではさまざまな国でカジノを楽しめます。

そこで今回は、世界中からカジノのある国をピックアップしました。

さまざまな国のカジノをご紹介するので、カジノに行きたい方はもちろん、世界のカジノ事情を知りたい方もぜひチェックしてみてください。

カジノが合法化されている国は何ヵ国?

日本では合法化されていないカジノ。

しかしカジノが合法化されている国は、世界で130ヵ国を超えています。

日本ではあまり馴染みのない施設ですが、アメリカやマカオをはじめとする海外では、カジノは当たり前に存在する施設だといえます。

カジノが合法化されている国(アジア・オセアニア)

アジアの中にも、カジノを合法化している国はたくさんあります。

特に有名なのが、マカオやシンガポールではないでしょうか。

ここでは、アジア・オセアニアに存在するカジノを全てご紹介します。

マカオ

アジアのカジノと聞いて、マカオを思い浮かべる方も多いでしょう。

マカオのカジノは「マカオ半島」「タイパ島」「コタイ」に分けられています。

その中でもマカオ半島はカジノ施設数が多く、人気の高いカジノもたくさん存在します。

シンガポール

日本から約7時間の場所に位置するシンガポールも、カジノ合法国です。

シンガポールにあるカジノは2つです。(政府公認カジノ)

ひとつは大きなショッピングモール内に存在する「マリーナベイサンズ」、そしてもうひとつはセントーサ島にある「リゾートワールドセントーサ」です。

シンガポールのカジノでは、シックボーやバカラが人気といった特徴があります。

韓国

日本との交流が多い韓国にも、政府公認のカジノが存在します。

韓国でカジノを楽しめる地域は、以下の7つです。

・ソウル
・江南
・釜山
・仁川
・済州島
・江原道
・大邱

基本的に外国人向けのカジノとなっているため、現地の方は入場できない決まりです。

(江原道にある「江原ランド」は例外)

ベトナム

ベトナムには、多くの地域でカジノが存在します。

中心地となる「ハノイ」をはじめ、「バクニン」や「ハロン湾」で施設を利用できます。

ベトナムのカジノは、ディーラーがいないケースが多く、基本的にはビデオゲームを楽しむのが特徴です。

マレーシア

マレーシアに存在するカジノは、現在「ゲンティン・ハイランド」のみです。

ゲンティン・ハイランドは、標高1,700メートルにあり、広大な敷地を誇る巨大リゾートです。

テーマパークやゴルフ場といった施設も併設されているため、カジノゲーム以外にも多くの魅力を堪能できるカジノです。

カンボジア

意外に思われる方もいるかもしれませんが、カンボジアには複数のカジノ施設が存在します。

たとえば「プノンペン」や「ウドーミアンチェイ州」、「カンダール州」がそのひとつです。

カンボジアのカジノはドレスコードを設けていない施設が多く、ラフな服装でゲームを楽しめるのが特徴です。

フィリピン

人気旅行スポットのフィリピンも、カジノが合法化されている国です。

フィリピンといえばマニラというイメージが強くありますが、実はマニラ以外にも多くの地域にカジノが存在します。

ラオス

東南アジアの内陸に位置するラオスもまた、カジノ合法国のひとつです。

ラオスには、「サワンナケート」「ビエンチャン」「トンプーン」の3つの地域にカジノ施設があります。

インド

日本から約24時間の場所に位置するインドには、政府公認のカジノがあります。

インドの合法カジノ施設があるのは、「ゴア州」と「シッキム州」です。

インド旅行の思い出作りに、足を運んでみるのも良いですね。

ネパール

ネパールに存在するカジノには、ドレスコードがないという特徴があります。

そのためネパールのカジノは、気軽に入場できるカジノとして親しまれています。

スリランカ

旅行では、女性からの人気が高いと言われるスリランカにも、政府公認のカジノがあります。

スリランカでカジノ施設がある地域は、スリランカの中でも最大規模を誇る都市「コロンボ」です。

旅行でも人気のスポットとされているため、旅行とカジノ、両方を楽しめるでしょう。

カザフスタン

カジノのイメージがないかもしれませんが、カザフスタンにもカジノが存在します。

カザフスタンのカジノは、スマートカジュアルのドレスコードが基本です。

カザフスタンでは複数の地域にカジノ施設があるため、異なる特色のカジノを楽しむことができます。

オーストラリア

オーストラリアにも、政府公認のカジノがあります。

オーストラリアでカジノ施設を運営しているのは、12の地域です。

また「ゴールドコースト」「シドニー」「メルボルン」といった有名地域にもカジノが存在します。

ニュージーランド

ニュージーランドでは、以下の地域でカジノが楽しめます。

・オークランド
・ハミルトン
・クライストチャーチ
・クィーンズタウン
・ダニーデン

ブラックジャックの人気が高いニュージーランドのカジノ。

専用スタッフによるゲームの説明もあるため、初めてでも利用しやすいのが特徴です。

ニューカレドニア

ニューカレドニアは、日本から約8時間の場所に位置する国です。

「天国に一番近い国」としても有名なニューカレドニア。

旅行で訪れた際には、「ヌメア」のカジノを楽しんでみてはいかがでしょうか。

バヌアツ

80以上の島々で作られている共和制国家のバヌアツ。

バヌアツでは、「ポートビラ」でカジノを楽しむことができます。

サイパン

サイパンにも、カジノは存在します。

サイパンで人気があるカジノゲームは、ブラックジャックやバカラです。

サイパンのカジノはラフな格好でも入場可能であるため、比較的足を踏み入れやすいカジノだといえます。

アジアのカジノ【番外編】

アジアには、カジノが存在しない国もあります。

しかし近年、カジノが合法化されたという国もあるため、今後はアジアのカジノが増えていくかもしれません。

台湾

日本と同じくアジア圏にある台湾には、カジノ施設はありません。

しかしスロット店が多く、スロット店でバカラやルーレットを楽しむことができます。

ミャンマー

これまで政府公認のカジノが存在しないミャンマーでしたが、2019年5月にカジノが合法化されました。

今後ミャンマーでは、政府公認のカジノが増えていくと予想されています。

カジノが合法化されている国【北中米カリブ】

アメリカやメキシコをはじめとする北中米カリブにも、カジノ大国が多く存在します。

人気のカジノ大国や、あまり知られていないカジノ合法国をご紹介します。

アメリカ

アメリカでは、州の半分でカジノが合法化されています。

州によってカジノ内のゲーム内容が異なるため、事前にリサーチしてから足を運ぶのがおすすめです。

メキシコ

料理や文化が人気のメキシコにも、政府公認のカジノがあります。

メキシコでは「アグアスカリエンテス州」や「イダルゴ州」をはじめ、人気のカジノスポットが多数存在します。

アンティグア・バーブーダ

アンティグア・バーブーダには、セントジョンズ市にカジノがあります。

アンティグア・バーブーダのカジノの入場料は無料、ドレスコードも比較的緩いのが特徴です。

アルバ

アルバには、「オラニエスタッド」や「パームビーチ」にカジノが存在します。

アルバのカジノの中には、24時間営業ではない施設もあるため、旅行でカジノを楽しむ際には注意してください。

ドミニカ共和国

自然豊かなイメージのあるドミニカ共和国にも、政府公認のカジノが存在します。

ドミニカ共和国では、「プエルト・プラタ州」や「ラ・アルタグラシア州」にカジノ施設があります。

カナダ

カナダでは、13の州のうちの8つ州でカジノが楽しめます。

魅力的なカジノがたくさんあるカナダですが、カジノ内での飲酒が禁止されていますので、足を運ぶ際には注意が必要かもしれません。

ハイチ

ハイチには、「ポルトープランス」にカジノがあります。

ポルトープランスはハイチの首都であり、「王子の港」の意味を持つ都市です。

ハイチのカジノは、基本的にはチップの文化がないという特徴があります。

パナマ

カリブ海と太平洋の間に位置するパナマには、多くのカジノがあります。

「エレーラ県」や「コクレ県」をはじめ、さまざまな地域でカジノが展開されています。

バハマ

カリブ海にあるバハマには、魅力的なリゾート施設が存在し、その中にはカジノもあります。

バハマに旅行に行ったついでに、カジノを楽しむのも良いですね。

カジノが合法化されている国【南米】

南米にも、多くのカジノが存在します。

特にアルゼンチンはカジノ施設の数が多く、海外からの人気も高いという特徴があります。

アルゼンチン

アルゼンチンには、大型のカジノはもちろん、船の上でゲームを楽しめるカジノがあります。

その中でも、ブエノスアイレスにある「カジノ プエルト マデロ」は、非常に人気あるのスポットです。

ウルグアイ

ウルグアイには、カジノが併設されているホテルがたくさん存在します。

ウルグアイのカジノは1万円程度でゲームを楽しめるため、気軽に足を運べるカジノだと言われています。

コロンビア

コロンビアには、「アトランティコ県」や「アンティオキア県」をはじめ、多くの地域にカジノ施設があります。

コロンビアのカジノの年齢制限は、18歳以上。

日本人がカジノへ入場する場合には、必ずパスポートの提示が必要です。

チリ

食べ物の印象が強いチリにも、州ごとにカジノ施設が存在します。

チリで最も有名と言われるカジノ「ビーニャデルマル」は、南米でも数少ないリゾート地です。

パラグアイ

パラグアイには、「アルト・パラナ県」や「イタプア県」に政府公認のカジノがあります。

パラグアイのカジノは、ドレスコードの決まりがなく、ラフな服装でも入場OKと言われています。

ペルー

南米の玄関口と言われるペルーにも、合法カジノがあります。

ペルーは観光地も多く、旅行者の多い地域です。

旅行の思い出として、カジノに足を運ぶのもおすすめです。

カジノが合法化されている国【ヨーロッパ】

ヨーロッパにも、合法化されているカジノが存在します。

ヨーロッパには非常に数多くのカジノ国が存在するため、国名を見ていきましょう。

イギリス

イギリスにも政府公認カジノがありますが、実はイギリスは会員制のカジノが多いという特徴があります。

これまでは「観光客お断り」のカジノも存在していました。

(近年は、観光客OKのカジノも増えています。)

フランス

優雅なイメージのあるフランスも、カジノ国のひとつです。

フランスのカジノでは、ルーレットやポーカー人気が高いという特徴があります。

スペイン

サッカーの人気が高く、強豪チームが多いスペイン。

そんなスペインには、サッカーチームの拠点となる都市にカジノ施設があります。

基本的には無料で入場できるカジノが多いので、比較的気軽にカジノを楽しめるのがスペインの特徴です。

ドイツ

ビールの印象が強いドイツですが、ドイツでもカジノが親しまれています。

ドイツのカジノはドレスコードが厳しいといった特徴があり、男性はジャケット着用、女性はドレスを着なければ入場できないカジノもあります。

デンマーク

デンマークには、コペンハーゲンをはじめとする6つの地域にカジノがあります。

コペンハーゲンにあるカジノでは、入場の際に料金がかかります。

フィンランド

フィンランドには6つの地域に合法カジノがあります。

その中でも「カジノ・ヘルシンキ」と呼ばれるカジノ施設は、高級感あふれる雰囲気の中でゲームを楽しめると人気があります。

モナコ

綺麗な国として知られているモナコにも、3つのカジノがあります。

モナコでは現地の人はカジノに入れないため、利用者は全員観光客です。

ポルトガル

「アヴェイロ県」や「アルガルヴェ地方」など、複数の地域にカジノ施設があるポルトガル。

ポルトガルのカジノは敷居が低いと言われているため、初心者でも利用しやすいのが特徴です。

オランダ

カジノ王国であるオランダには、国営カジノがたくさんあります。

オランダの国営カジノはお酒が有料提供、営業時間も翌3時までと、さまざまな決まりが設けられています。

マルタ

カジノ大国のマルタは、東京の半分程度と、非常に小さな国です。

しかしその中には、カジノ施設が4つもあるんです。

マルタにあるカジノでは、時間を忘れて魅力的なゲームを堪能できます。

エストニア

エストニアには、街の中にカジノがたくさんあります。

エストニアのカジノは落ち着いた雰囲気のスポットが多く、観光がてら足を踏み入れやすいという特徴があります。

ロシア

ロシアには、「ティグレ・デ・クリスタル」というカジノリゾートがあります。

ティグレ・デ・クリスタルは、開業から1年で20万人以上の来客があった事でも有名なカジノです。

ロシアに行った際には、広大なフロアを誇るカジノを覗いてみてはいかがでしょうか。

ポーランド

ポーランドには、「ウッチ県」や「ヴィエルコポルスカ県」にカジノ施設が建てられています。

ポーランドでは施設によってミニマムベットが大きく異なるため、カジノへ行く際には事前にチェックしておくとよいでしょう。

スロバキア

日本の国土の1/7と、非常に小さな国のスロバキア。

スロバキアにはいくつものカジノ施設が存在しますが、実は閉鎖されるカジノ施設が多いのも実情です。

ルーマニア

古き良き景観が、心を癒してくれるルーマニア。

そんなルーマニアの中にも、ブカレストという地域にいくつかのカジノがあります。

ブカレストは空港からも近いため、旅行で訪れた際には、カジノ施設に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ブルガリア

ヨーグルトで有名なブルガリアにも、魅力的なカジノが存在します。

首都ソフィアには20カ所以上のカジノがあり、どの施設も無料で入場できます。

施設ごとにさまざまな雰囲気を味わえるため、旅行の際にはいくつか異なるカジノにも立ち寄ってみるとよいでしょう。

ボスニア・ヘルツェゴビナ

バルカン半島の北西部に位置するボスニア・ヘルツェゴビナには、「サラエボ県」や「トゥズラ県」などにカジノがあります。

ボスニア・ヘルツェゴビナでは、18歳からカジノへ入場できます。

マケドニア共和国

マケドニア共和国にも、政府公認のカジノ施設があります。

マケドニア共和国のカジノは、ギリシャ人の利用が多いようです。

ドレスコードも比較的緩めであるため、初心者も立ち入りやすいカジノだといえます。

スイス

観光地としても人気のスイスには、魅力的なカジノがたくさんあります。

スイスには、ゴージャスなカジノやおしゃれなカジノ、落ち着いた内装のカジノがあるため、雰囲気に合わせて施設選びをするのもよいかもしれません。

カジノが合法化されている国【中東・アフリカ】

中東やアフリカにも、カジノがある国は存在します。

セルビア

セルビアには、ベオグラード市にカジノがあります。

セルビアのカジノは東ヨーロッパ最大といわれており、カジノ内の銀行を利用してさまざま通貨を両替できるといった特徴があります。

スロベニア

自然豊かな国スロベニアには、数多くのカジノ施設が建てられています。

スロベニアのカジノでは施設によって入場料が異なるため、立ち寄る前に確認しておくとよいかもしれません。

アルメニア

知られざる魅力が多いアルメニアには、「コタイク州」にカジノがあります。

アルメニアのカジノはドレスコードが決められていないため、Tシャツやジーンズでも入場できます。

ジョージア

カジノ施設が多く点在するジョージアは、夜になると煌びやかに輝く街です。

ジョージアのカジノはほとんどが入場無料となっているため、立ち寄りやすいのが特徴です。

 

世界中にはカジノがある国がたくさん存在します。

国によってカジノの特徴や雰囲気、魅力は大きく異なります。

今後旅行へ行きたいと思っている方や、本場の雰囲気を堪能したいと思っている方は、事前にリサーチをしておくと、安心して利用できるでしょう。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました